無垢材の手練れ「木の匠」|3つの匠

国産ソファブランド 匠ソファ専門店
TAKUMI SOFA WOOD OF TAKUMI 木の匠TAKUMI OF 3 MEN 3人の匠 無垢材の手練

HOME > 匠ソファとは? > 匠ソファについて > 3つの匠 > 木の匠

  • TAKUMI OF 3 MEN 3人の匠 プロローグ
  • 1 SOFA OF TAKUMI 「ソファの匠」 感動の座り心地を生み出す
  • 2 WOOD OF TAKUMI 「木の匠」 無垢材の手錬
  • 3 DESIGN OF TAKUMI 「デザインの匠」 性能を美しくカタチにする

WOOS OF TAKUMI : 木の匠

無垢材の手練「木の匠」

「匠ソファ」のウッドフレームを作るのが「木の匠」(生産地:広島県府中市)です。
無垢ソファのフレーム部を製作します。

創業60年の広島・府中の婚礼箪笥メーカーの老舗である「木の匠」。
婚礼箪笥で培った業界屈指の木工技術で、無垢ソファを造り上げます。
特に「匠の無垢ソファ」の分厚い無垢材を使った高度な技術を必要とするフレームは、
他の木工メーカーでそうできるものではありません。

「当たり前でないことを 当たり前にやってしまう凄さ」

ここに「木の匠」の「匠」としての真髄を感じるとともに、
世界でも類を見ない日本の木工技術のレベルの高さを「木の匠」が証明することにもなのです。

※2014年3月から「木の匠」の生産地に「山形県、北海道旭川市」が加わりました。

選び抜かれた無垢材と最高の木工技術

  • 1 長年蓄えてきた価値ある無垢材

    20年、30年と時間をかけて集められた無垢材の“量”こそが「木の匠」の強み。特に現在では非常に希小な良質の「ブラックウォールナット」や「ミズナラ」が貴重に保管されています。
    この「宝物」のような木材を形にしたのが、匠ソファのウッドフレームソファ。
    大切に育て、保管された無垢材からしか出ない風合いがあります。
    <産地>ウォールナット、ブラックチェリー、オーク … 北米産
  • 2 8/4インチ(約50mm厚)のFASグレード

    使用される無垢材はFASグレード(最高グレード)のものばかり。
    その中でも「匠の無垢ソファ」に使われる無垢材は、8/4インチ(約50mm厚)の分厚いウォールナット。
    1本の丸太からわずか4枚しか取れない希小な木材なのです。
  • 3 節のない美しい木目

    匠ソファの無垢ソファを見ると、どの部分を取っても木目が美しいことに驚く。
    昨今では節のあるウォールナットが「ナチュラル」であると評価されることもあるが、元々世界三大銘木と言われるウォールナットの最大の特徴はこの美しい木目にある。
    幅が広く、200cmほどあるソファの長さに合った「節のない美しい」ウォールナットを匠ソファ用として厳選している。
  • 4 匠による木目選び

    匠ソファに使用する「節のない美しい木目のウォールナット」は匠が厳しい基準で選んでいる。
    ウッドフレームの型に合わせた治具を使って、1枚1枚丁寧に吟味する。
    また、アーム部分の木目の流れ方や左右のバランスも妥協がない。
    婚礼箪笥を製造する時の厳しい基準を今なお当たり前のように継承している。
  • 5 無垢材を料理する最高の木工技術

    環境によって動いてしまう無垢材を、匠ソファの精巧なフレームに加工するのは至難の業。
    無垢材の保管と含水率の調整、そして「木」を知るものだからできる特異な技術。
    「当たり前のように」組み上げている加工の一つ一つが、実は「木の匠」だけが持つ最高の木工技術なのである。
    「破壊試験」でも壊れないほどの頑丈で精巧な木工技術は日本の誇りと言えよう。