スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

ソファ選びに失敗しない方法/「図面持参、搬入経路の確認」

「匠ソファショップ」のソファコンシェルジュがご紹介する
「ソファ選びに失敗しない方法」です。


ソファ選びにソファ専門店や家具店、インテリアショップに行く時、
必ず必要なのが

「置けるソファのサイズ」と
「ソファが搬入できるかどうか」を
事前に確認しておくことです。



買い替えの場合は
現在ご使用しているソファのサイズが目安になりますね。

でも、今より大きなサイズを検討している場合は、
搬入経路の確認が必要となります。



ご新居へのお引越しの場合、
まだ内覧できていない状態でソファを選ぶ場合、
必ず「ご新居の図面」をご持参下さい。

図面があれば、
ソファのサイズ、レイアウト、
搬入が可能かどうかまでアドバイスが可能です。


「匠ソファショップ」の場合、
搬入可能かどうかが図面でわからない場合、
採寸のポイントをお伝えいたします。



実際の実例をご紹介します。

ka1402082.JPGこのように図面をお持ち頂くと、
どのぐらいのサイズのソファや家具が置けるのか、
その場でご提案が可能です。


匠ソファショップでは
たくさんのお客様にお届けした実績がございます。


その実績を元に、
お客様がご希望のソファや家具が上手くレイアウトできるか、
そしてソファの搬入は可能かなど、

その場で瞬時にご提案差し上げます。



ka1402083.JPG匠ソファで人気の「SOFA GRVA」と言えば、
2.5Pサイズ(W2100)が人気なのですが、
お客様の図面から2P(W1900)サイズをご提案いたしました。

実際にお届けすると、図面のレイアウト通り、
お部屋にピッタリおさまりました。


レイアウトに関しては、
図面でほぼ理想のレイアウトがご提案できます。



ただ、実際に検討のソファが搬入できるかどうかは別のお話ですね。

今回は2Pサイズでしたが、
「SOFA GRVA 2.5Pサイズ(幅2100 奥行き1100)」
だったらどうだったでしょうか?



マンションのエレベーターの間口の高さは
200cmが多いものです。
210cmのソファだと立てて乗せることはできませんね。

そこで、ソファを斜めにして入れるわけですが、
奥行き110cmのソファの対角線は
「ソファの高さ+約30cm」近く必要です。

要は、
エレベーターの中の高さが240cm近く必要になるのですが、
それほど大きなエレベーターはあまりありません。


ka1402084_R.JPGその場合、匠ソファでは
「アーム分解式」という別注方法でアームを外し、
ソファを小さくして搬入いたします。

そしてアームはお部屋の中で組み立てます。

そうすることで諦めていた大型ソファを
搬入することが可能になるのです。




これだけではありません。
玄関からリビングまでがストレートなら、
ソファは倒した状態ですんなりと搬入できます。

しかし、玄関前のポーチや玄関がクランクになっている場合は、
ソファが立てられず搬入できないケースが多々ございます。


また、一戸建ての2階などは搬入が困難なことが多いので、
階段の形状確認や採寸が必要となります。




ソファの搬入経路は
必ず「ソファのプロ」に確認して下さい。


「ハイグレードソファ専門店/匠ソファショップ」のソファコンシェルジュは、
これまでたくさんのソファの納品実績を元に、
適格な搬入経路のアドバイスが可能です。


ソファ選びに失敗しないために、

「図面の持参」
「搬入経路の確認」は
是非頭に入れていただきたいと思います。


「匠ソファブランドサイト」はこちら

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報 大阪梅田ハービスENT店 店舗情報 京都本店 店舗情報

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 10:30-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ大阪梅田ハービスENT店

Tel 06-6343-1630
Open 11:00-20:00
定休日:なし(ハービスENTに準ずる)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more