スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

スッキリと見える【ワンシートデザイン】のソファ

ソファの座面のクッションは、一般的に2個や3個と分かれていることが多いものです。

座面のクッションが分かれていると、
「座る場所が制限される」
「クッションの間に埃が入る」
「クッションの型崩れが目立つ」
「スッキリと見えない」
といったデメリットを感じられる方が多く、そういった方は「ワンシートデザイン」をご希望されます。

ご要望の多い、スッキリと見える「ワンシートデザイン」。
今回は、匠ソファの「ワンシートモデル」や「ワンシート別注オーダーメイド例」をご紹介いたします。

ウレタン座面のワンシートデザイン
「LD SOFA」

匠ソファで人気の「ワンシートデザイン」と言えば、
アームがテーブル代わりになる、機能的な無垢フレームソファ「LD SOFA」です。

ウレタン座面なので、クッションの型崩れが起きづらく、いつもスッキリとした印象になります。

カウチソファや写真のような特注コーナーソファでも、座面がフラットなので繋げると、
ソファ全体に一体感が生まれます。

シートが分かれていないと座る人数が制限されないので、
家族みんなでソファに集まって座ることができますね。

【ワンシート】に別注オーダーメイド

匠ソファで人気なのが、座面の「ワンシート別注オーダーメイド」です。
こちらは何と【価格変更なし】で対応しております!!

匠ソファラインナップの「ワンシート別注オーダーメイド例」をご紹介します。

最も多いのが、人気の「LBカウチソファ」のソファ部分をワンシートにする別注です。
サイズも幅250cmぐらいにリサイズして、ワンシートすることで、
コンパクトでスッキリとしたカウチソファに仕上がります。


こちらは「LAカウチソファ」をワンシートにして、コーナーソファに仕上げた事例です。
LAソファの特徴である座面クッションの膨らみが和らぐことで、
また、本革仕様にしたことで、かなりモダンな雰囲気になりました。

ソファの上で寝転んだり、自由なスタイルでくつろぐ方にはオススメですね。


コンパクトデザインの「PG SOFA」も座面のワンシート別注事例が多いソファです。
ワンシートはクッションの分かれ目を気にすることなく座れるのが特徴で、
やはり見た目にスッキリとした感じになりますね。



匠ソファの「納品事例」には、ワンシート別注以外にも、
様々なお客様のご要望に対応した事例を掲載しております。
是非ご覧になって下さい。

⇒【納品事例】はこちら

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 10:30-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more