スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

【匠ソファ開発ストーリー】「柔らかなルーズクッション」

-2015年-
匠ソファブランドスタートから5年。
更なる高品質ソファを目指し、トップ家具デザイナー・岩倉榮利さんとのソファ造りが始まりました。

匠ソファからのリクエストは、
「これまでの匠ソファラインナップを超える、国産最高峰のソファを造りたい」

そんな中、岩倉さんから提案されたデザインアイデアは、
「カウチソファを中心とした、ラグジュアリーなデザインのソファ」が数点。
国産ソファのイメージというよりは、イタリアのトップブランドのソファに近いスケール感。

これまでのソファ造りとは違った考え方、感覚が必要になります。


■LAカウチソファ デザインスケッチ

「柔らかなルーズクッション」

このラグジュアリーなデザインのソファを具現化するのに、
デザイナーの岩倉さんがこだわったのが、「ルーズクッション」。

「日本のソファはパンパンに詰め込んだクッションが多い。
イタリアなどトップブランドのソファは、しっとりと柔らかく、体が包み込まれるようなルーズなクッションが多い。」
と話す岩倉さん。

確かに、日本のソファはデザイン、クッションともに、真面目というか、しっかりとしたソファが多い印象です。
いわゆるデザイン、クッションともに、「遊び」が少なく、きちんと造られたソファが多いものです。

例えば、背クッション一つとっても、日本のソファは「しっかりとしたクッション」が受け入れられます。
「しっかりとしたクッション」は、「安心」「丈夫」という印象があります。

逆に、フワッと体を包み込む柔らかなクッションは、「物足りない」「頼りない」という印象を感じる方は多いようです。
しかも、座った後の型崩れも目立つので、「へたりやすい」というイメージがどうしても出てしまいます。

よって、日本では「ルーズクッション」は比較的受け入れられないものでした。

「ルーズクッション」にこだわったLBソファ

 


■LBカウチソファ デザインスケッチ

「ルーズクッション」に特にこだわって開発したソファが、RIAN第2弾の「LB SOFA」です。
しっとりと包まれる心地良さは格別で、匠ソファでは4年連続売上NO.1のソファです。

しかし、開発段階では、どこまでクッションを柔らかく、ルーズにするか、試行錯誤が続きました。

私たちソファコンシェルジュの感覚としても、あまりに柔らかいとサポート力に欠けるのでは?という考えでした。
ただ、デザイナー岩倉さん提案の「ルーズクッション」は、確かにしっとりとした柔らかさで心地良い。

またソファ職人も、「ルーズクッション」のしっとり感や復元力を出すために、様々な工夫を施します。

ソファコンシェルジュ、デザイナー、ソファ職人が三位一体となり、何度もクッションを作り替え、
ようやく「贅沢空間/LB SOFA」が発売されることになりました。

写真からも伝わる「ルーズクッション」のしっとり感。
体感されたお客様は、「こんな座り心地は他にはない!」とコメントされます。

もし、LBソファのデザインを、これまでの日本的なソファのようにしっかりと造れば、
おそらく写真での見た目や雰囲気は変わっていたことでしょう。


匠ソファのラグジュアリーシリーズ「RIAN-利庵」は、
ラグジュアリーな雰囲気を演出するために、まず「ルーズクッション」からこだわったのです。

⇒「贅沢空間/LB  SOFA」はこちら

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報
来店予約
カタログ請求はこちらから

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 11:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-18:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more