スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

匠ソファの【柔らかなデザイン】

匠ソファのデザインは、決して奇抜なデザインではなく、
どちらかというと、どんな空間にも馴染むシンプルなデザインです。

シンプルなデザインの中で意識しているのは、「柔らかさ」です。
クッション自体が柔らかいのもありますが、
ソファのボディ、アーム、木枠フレーム、クッションの形状など、
全てにおいて、「柔らかいデザイン」であることを強調したデザインになっています。

ソファの仕上げで、「柔らかな形状」を出すことは非常に手間がかかります。
ただ、この柔らかさこそ、光の陰影などを通じて、ラグジュアリーな雰囲気を生み出すのです。

匠ソファの【柔らかなデザイン】

ソファ全体に柔らかさを「LA」

匠ソファの「柔らかなデザイン」をソファ全体で表現しているのが「LA SOFA」です。

まず目を引くのが、幅広のアームデザイン。
内外のどちらも柔らかなアール形状になっており、ボリューム感を感じます。

そして、座面の膨らみ。特にカウチ部分のゆったりとしたアール形状は、特殊なウレタン加工技術によって表現されています。

ラグジュアリーなソファの条件に、この「ゆとりと余裕を感じる、柔らかな形状」が欠かせないのです。

例えデザイン画で表現出来たとしても、製品として具現化するには、相当な技術が必要になるのです。

見るからに柔らかさを感じる「LB」

柔らかなフェザークッションに包み込まれ、極上の心地良さを味わえる「LB SOFA」。

ソファの常識を変える、「柔らか過ぎるルーズクッション」が、座り心地だけでなく、デザインにも影響を与えています。
LBソファは、「クッション全体で柔らかさを表現している」のです。

LBソファを360度目線で見ると、クッションのみならず、ボディからも柔らかさを表現しているのがわかります。
背フレームや、アーム形状が、ふっくらと柔らかく仕上げているのが、写真からも伝わると思います。

木枠フレームも柔らかな形状を

一般的な木枠フレームソファと言えば、無垢材を主張した無骨なデザインが多いものです。
匠ソファの「RIAN」は、例え木枠フレームであっても、「柔らかさ」を重視したデザインとなっております。

写真は、人気ナンバー1の「LD SOFA」のアームテーブルです。
30mm厚の無垢材を、流線形デザインに加工し、美しく、柔らかく仕上げています。

アーム側面は丸みのあるシャープな加工、アーム前方はアール面を広く見せています。
側面の仕上げを切り替えることで、唯一無二のデザインであることを印象付けているのです。

シャープな木枠フレームが印象の「LE SOFA」ですが、良く見るとフレームはアール形状に加工されています。

また、デザインの一部にもなる、「挟み込んだ肘クッション」の寄り掛かり具合いが、柔らかな印象を強調します。

柔らかなアール加工で仕上げ、「三方留め」でシャープに接合する。
デザイナーと、木工職人の技術とアイデアで、他にない木枠フレームソファが仕上がるのです。


「ラグジュアリー&リラックス」をコンセプトとした匠ソファは、
どのソファも「柔らかなデザイン」「柔らかな仕上げ」を「他にない技術」で表現しております。

是非、匠ソファショップでご確認下さい。

 

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報
カタログ請求はこちらから

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 10:30-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more