スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

奥行きが深いのに座りやすい!注目度NO.1の【ソファの上でくつろぐソファ】

ソファのクッションの硬さ以上に、ソファの【奥行きの深さ】は使い心地に大きく影響します。

奥行きの浅いソファは【座りやすい】のに対して、奥行きの深いソファは【リラックス出来る】のが魅力です。

奥行きの深さはどっちが良い・悪いではなく、ソファをどのような姿勢で楽しみたいのかによってお選びください。

ソファの奥行きについて

ソファの奥行きは部屋の形や広さによって選べるものが変わってきてしまいます。
特にソファとテレビボードの間にセンターテーブルを置く方は置く行きが深いソファは注意が必要ですね。

ただし、基本的に目からテレビまでの距離というのはどちらもほぼ変わらないので、テレビが大きいから奥行きを浅いものを選ぶ、ということはする必要がありません。
ソファの奥行きが深くなるということは、ソファの座面が前方に長くなるということだからです。

そして何よりも、ソファは【リラックスしてくつろげること】が最大のメリットです。
ご自身に合った奥行きのソファを選ぶことが最も重要です。

▼奥行きが浅いソファに向いている人



・きちんとした姿勢でソファに座りたい人
・ソファの立ち座りのしやすさが気になる人
・腰をしっかりとサポートしたい人

▼奥行きが深いソファに向いている人



・姿勢を崩したリラックスした姿勢で座りたい人
・ソファの上に上がり込んでくつろぎたい人
・横になって寝転んでくつろぎたい人


それぞれにメリットがあるのですが、身長差や座りの好みが異なるご家族がいらっしゃる場合、奥行きについてはどちらかに合わせる必要が出て来ます。

この奥行きの選択肢でソファ選びが難航している方も多いのではないでしょうか?

匠ソファの最新作「ソファの上でくつろぐソファ/RX-F SOFA」では、このどちらのスタイルも取り入れることが出来るくつろぎのバリエーションがあることで人気が急上昇しています。

ソファの上でくつろぐソファ
RX-F SOFA



”ソファに上がり込んでくつろぐこと”をコンセプトに開発した新作ソファです。

最大の特徴は座面の奥行きの深さで、一般的なソファよりも約20cm広い【座面奥行き75cm】を確保しました。

このソファ一台で、様々なリラックススタイルをお楽しみいただけます。

▼ソファの上でくつろぐソファ!



座面の奥行き75cmは胡坐をかいてくつろぐのにも十分な、ソファとしては圧倒的な広さを持っています。
一度上がり込んでくつろいでいただくと、他のソファでは満足出来なくなってしまうという方も多いです。

座面は高密度ウレタンを積層した程良く硬めのクッションなので、脚を上げてくつろいでも沈み過ぎることがなく、姿勢を変えやすいのも心地良さの理由です。

▼ベッド代わりにくつろげる!



画像はワンアーム仕様のRX-F SOFAです。
座面奥行き75cmに対して、75cm×75cmの正方形オットマンを組み合わせてベッドのように寝転べるスタイルもおすすめ。

フラットな座面なので横に並べても違和感なく繋げられます。



オットマンは重量があり、さらにフローリングの上で動かなく出来る「滑り止め」もソファに付属しますので、安心して脚を投げ出して寝ることが出来ます。

ソファ正面にオットマンを移動させればL字のカウチソファセットのようにもくつろげますね。

▼奥行き浅く、きちんと座れる!



クッションと背もたれの間にセットしてある筒状の高密度ウレタンを2本繋いだ「RX-Fクッションサポート」。
これを画像のようにセットすると、肩と腰をしっかりとサポートします。

クッションサポートの有無は見た目よりも体感していただくと違いが歴然で、奥行きは浅く、さらに正面を見るような姿勢でくつろぐことが出来るようになります。

万能な「RX-F SOFA」!



奥行きゆったりでルーズにもくつろげて、寝るのにも最適な広さ、さらに浅くきちんと座ることも出来ると言う万能なソファです。

コンパクトなワンアーム仕様から大型カウチソファセットまで対応可能なのも大きな特徴です。
是非、匠ソファ各店でご体感くださいませ。



⇒「ソファの上でくつろぐソファ/RX-F SOFA」商品ページ(CLICK!!)

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報
来店予約
カタログ請求はこちらから

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 11:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-18:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more