スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

【ソファの上でくつろぐ】ならこのソファ!

「ソファの上でダラダラと過ごしたい!」
「ソファは座るだけでなく、寝るのも大事!」
といった、「ソファの上でくつろぐソファ」が好きな方は多いはず。

そんな方にオススメのソファを2モデル紹介したいと思います。

まずは、「ソファの上でくつろぐソファ」選びのポイントから。

 

「ソファの上でくつろぐソファ」選びのポイント

ポイント1:座面の奥行きが広い

「ソファの上でくつろぐソファ」選びで重要なので、「座面の幅」ではありません。
大事なのは、「座面の奥行き」です。

ソファ全体の奥行きが深いソファは、当然座面も広いことが多いです。
でも、大事なのは、「実際にソファに上がり込んだ時の広さ、奥行きの深さ」です。

ソファの「座面の奥行き」を測って知る。
或いは、実際にソファの上がり込んで、座面の深さ、広さを知ることが大切です。

 

ポイント2:ソファの背に直接もたれることが出来る

ほとんどのソファには「背クッション」が付いています。
ただ、「背クッション」があると、その分「座面の奥行き」は狭くなります。

ソファの座面の広さを実感するには、
ソファの上で上がり込んだ時に、直接「ソファの背にもたれることが出来る」であることが重要です。
要は、背クッションなしでも座れるソファです。

そのためには、ソファの背自体にクッション性がある必要があります。

 

【ソファの上でくつろぐ】ならこのソファ!

上記の2つのポイントに見合ったソファは、ご紹介する2モデルのソファです。

【LA】&【RX-F】

奥行き110cmで、圧倒的な座面の広さが特徴の「LA SOFA」。
背クッションは置きクッションタイプなので、必要に応じて使ったり、外したり出来ます。

もう一つが「RX-F SOFA」。座面の奥行きが75cmで、フラットシートがより座面の広さを強調します。


こちらは「LAコーナーカウチソファ」。
アームから背の高さが繋がっていて、どの部分も背もたれとして使用出来ます。
見るからに、「ソファの上に上がりたい!」衝動に駆られるソファでもあります。

こちらは「RX-Fカウチソファ+オットマン」。グリッドデザインのフラットシートを拡張していくことで、どんどんと座面が広くなっていくイメージです。


 

「LA」の背面。弾力ある高密度ウレタンで丁寧に仕上げられているのがわかります。
背クッションを使わなくても、アームや背にもたれることが出来ます。

「RX-F」の背面。こちらも「LA」と似ていて、高密度ウレタンでしっかりと仕上げられているのが写真からも伝わります。

きちんと座りたい時は「背クッション」を充て、ソファの上でくつろぎたい時は、背に直接もたれます。

 

お客様満足度の高いソファ

座面の広い、深いソファは「お客様満足度も高い」のも特徴。
「LA」はカウチも広いのが特徴なので、ソファの上で上がり込んでくつろぐには「最高のソファ」と言えます。

カウチの圧倒的な広さを活かし、「ダブルカウチ」や「トリプルカウチ」といった、他で見ることのないソファにアレンジすることも可能です。


「RX-F」はまだ発売して間もないソファですが、「ソファの上でくつろぐソファ」の魅力を既に多くのお客様が感じられています。
座面が広い、深いだけではなく、「グリッドデザイン」で見た目もオシャレなのも特徴です。



以上、「ソファの上でくつろぐ」なら、オススメのソファを2モデルご紹介しました。
これらは、匠ソファショップ(東京青山・京都)にて体感することが出来ます。

⇒【LA SOFA】はこちら

⇒【RX-F SOFA】はこちら

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報
カタログ請求はこちらから

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 11:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-18:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more