スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

ソファを長く使っていくコツ【日々のメンテナンスが必須です】

「ソファを長く使っていくコツ」についてお話します。

家具の中で「ソファが最も劣化の早い家具」です。
ソファは座るだけでなく、家族全員でくつろぐ家具で、
毎日、毎日、ソファにかかる負荷は相当なものです。

なのに、「ソファは日々のメンテナンスが必要」ということは、あまり知られていないようです。

「ソファがへたってしまった・・・」という前に、
そもそも「ソファのメンテナンスをしていたでしょうか??

テーブルも食事の後はきれいに拭きます。
フローリングは毎日掃除機をかけるでしょう。
ベッドのシーツも毎日きれいに整えるし、定期的に洗濯します。
キャビネットやボードの上の埃も、日常きれいに拭き取りますよね。

ソファはどうでしょうか??

ソファのクッションが乱れているのに、そのままにしてませんか??
ソファのクッションの間に、埃やゴミを溜めてませんか??

例えリーズナブルなソファでも、使い方によっては長く持ちます。
逆に高品質なソファでも、全くメンテナンスをしなければ、早期に型崩れや劣化は起こります。

ソファは日々の簡単なメンテナンスを行うだけで、耐久性は変わるのです。

ソファを長く使っていくコツ
【日々のメンテナンスが必須です】

高品質なソファだから、メンテナンスが不要ということはありません。
どんなソファでも、負担がかかった分、使った分、当然ながらメンテナンスが必要です。

メンテナンスといっても、「日々の簡単なメンテナンス」が重要で、
それほど大変なものではありません。
ベッドのシーツを直したり、掃除機をかけたり、日常の家事レベルです。

では、「日々の簡単なメンテナンス」とはどういったものでしょうか?

1.クッションメンテナンス

「ソファ=クッション」と言って良いほど、ソファにはクッションがあります。
背もたれのクッション、座面のクッション、肘置きになるクッション、オプション的なクッション。

クッションなので、当然負担がかかると型崩れが起こります。
この型崩れを放っておくと、変形してしまい、元の形に戻りづらくなります。

毎日座った後に、或いは、2、3日に1度程度でも良いので、
クッションを元の形に戻すだけで、クッションの耐久性は変わります。

2.表面材のメンテナンス

例えば、カバーリング仕様のソファなら、座るとカバーのズレが起こります。
毎日でなくても、週に1度ぐらいの頻度で、カバーを元に位置に戻すメンテナンスを行うことをオススメします。

また、カバーの付着した埃を払ったり、本革なら強く絞ったタオルで拭いたり、
表面材を常にきれいにしておくと、耐久性は良くなります。

日々のメンテナンスはこの2点だけ

日々のメンテナンスは上記の2点だけを行うだけでも効果的です。
決して難しいことではありません。
ソファを長く使っていくためには必須ですので、是非行ってみて下さい。


ソファは高額・高耐久商品です。
よって、メンテナンスが大切です。

リーズナブルなソファと言っても、5~10万円ぐらいしますし、
国産ソファなら、20万以上のソファも多いでしょう。
高価格帯の高品質ソファなら、50万円以上のソファもあり、
一般的な家具や、家電商品などと比較しても、「ソファは高額商品」です。

また、一度購入するとなかなか買い替えない「高耐久商品」でもあります。

「ソファは高額・高耐久商品」であるからこそ、
「ソファが早期にヘタると困る」わけです。

ただ、「ソファを早期にヘタらせない」「ソファを長く伝えるコツ」というのはあります。

それが、「日々の簡単なメンテナンス」なのです。

是非、ソファをお使いの方は、実践してみて下さい。


こちらのブログも是非ご覧ください。

⇒【ソファの柔らかさ・硬さと「メンテナンス」の必要性について】

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報
カタログ請求はこちらから

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 10:30-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more