スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

お部屋の中央にオススメのソファ!

ソファをお部屋の中央に、リビング・ダイニングの間仕切りにレイアウトするケースが増えています。

戸建てでも、マンションでも、そういったレイアウトが増えていて、
そういった際は、座り心地だけでなく、「デザイン」や「圧迫感のなさ」が重要になってきます。

今主流の、「お部屋の中央にソファをレイアウト」する際に、
オススメの匠ソファをご紹介しましょう!

お部屋の中央にオススメのソファ!

正面から見てスタイリッシュ!

ワンアーム・ワンシートデザインで人気の「LD SOFA」です。
片方のアームがテーブルになっていて、もう片方はアームレスで、スタイリッシュ!

木枠フレームというよりは、無垢材をアクセントに使ったデザイン。
アンシンメトリーなデザインで、ゆったりとしたサイズながら、圧迫感がないのがポイントです。

カウチソファも同じくワンアーム・ワンシートデザインでスタイリッシュ。
サイズが大きくなっても重々しさを感じないので、ソファの中央には最適なデザイン。

スッキリとしたデザインなので、モダンなファブリックコーディネートが人気です。
ベージュやグレー、或いは光沢あるファブリックに、モダン柄のクッションをアクセントとしたコーディネートが、
「LD SOFA」では人気の組み合わせ。

対照的な横顔

アーム側のサイドから見た感じは、流線形のアームテーブルがとにかく印象的です。
躍動感あるアームテーブルは、宙に浮いているかのようなデザイン。

アーム幅は35cmと広く、お茶やスマホ、リモコンなど置くには充分な広さのテーブルです。

アームレス側の横顔はとてもスッキリで、圧迫感がありません。
廊下からリビング・ダイニングに入ってきた側や、導線にレイアウトすれば、お部屋でのソファの圧迫感を軽減することが出来ます。

スッキリとした後ろ姿

直線的な木枠フレームに、柔らかな印象のクッションがセットされた、「LD SOFA」の後ろ姿。
カウチソファでも、重々しさを感じずスタイリッシュな印象です。

ソファを選ぶ際、正面から見て選ぶことが多いでしょう。
でも、実際に家で使う時は、斜め後ろや後ろ姿を見ることが多いものです。

リビング・ダイニングの間仕切りとしてレイアウトする際、空間にマッチさせるのは「スッキリとした印象」であることが重要です。

その中でも、直線的な後ろ姿の「LD SOFA」は、日本の住空間にはとても良くマッチします。


お部屋の中央にソファをレイアウトする方は、是非匠ソファの「LD SOFA」をチェックしてみて下さい。

⇒【LD SOFA】の詳しい紹介はこちら

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報
カタログ請求はこちらから

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 10:30-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more