スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

匠ソファの【LD SOFA】を選ぶメリット

以前ブログでご紹介した、
「圧倒的に成約率の高いソファ」が、RIANの「LD SOFA」です。

⇒【圧倒的に成約率の高いソファ】ブログはこちら

この「LD SOFA」は他のソファにない魅力、メリットに溢れていることもあり、
検討される方の大半が成約頂ける、匠ソファでも大人気のソファです。

今回は、「LD SOFA」を選ぶメリットについてご説明いたします。

匠ソファの【LD SOFA】を選ぶメリット

1.テーブル付きのソファである

「LD SOFA」のデザインの象徴でもある、流線形デザインの「無垢アームテーブル」。
ソファにテーブルがセットされているデザインは珍しく、機能的にもメリットしかありません。

しかも、アーム幅は広く、汚れやシミやつきにくい塗装を施しているので、
ストレスなく使用することができます。

ソファに座ってお茶を飲んだり、スマホやリモコンなどを置けるテーブルがあると非常に便利です。

この「テーブル付きソファ」というのが、「LD SOFA」最大のメリットなのです。

2.メンテナンスが簡単で、カバーの着せ替えがしやすい

匠ソファのほとんどのソファは、座面が「フェザークッション仕様」ですが、
「LD SOFA」はウレタン仕様で、しかもワンシート。

座った跡の型崩れがほぼ起こらないので、「日々のクッションメンテナンス」が非常に簡単なのです。
背クッションやボルスタークッションはフェザークッションなので、こちらの形を整える程度でOKなのです。

また、カバーはシンプルでわかりやすく被せられているので、カバーの着せ替えが簡単というのもメリット。
クリーニングや新しいカバーの交換する際、ストレスなく掛け替えできます。

3.カウチやベッド感覚で使用できる

背クッションを外せば、ベッドのようなフラットな座面になります。
「LD SOFA」の座面クッションは、5層の積層高密度ウレタンで構成されていて、沈み込みも少なく寝心地も良いのです。
広さも、ほぼシングルマットレスほどの広さがあります。

また、アームを利用して背クッションを置けば、足を伸ばしてカウチソファ感覚で使用することもできます。

4.将来的にカウチソファにできる

将来的な使い方を考えると、「LD SOFA」は非常にメリットがあります。

最初は間取りの都合から、W2050或いはW1900サイズのワンアームデザインの「LD SOFA」を購入したとします。

その後、引っ越しやリフォーム、或いはレイアウトの変更で、「もっと大きなソファが欲しい」という際に、
カウチ部分のみを購入すれば、「LD カウチソファ」として使用することができます。

他のソファだと、「将来的にカウチソファにする可能性」があれば、ワンアームソファとして購入する必要があります。
ただ、購入時点でそこまで想定するのは難しいものです。

その点、「LD SOFA」はベースデザインがワンアームデザインなので、購入時に将来のことまで考える必要はありません。

また、同じフラット座面のオットマンをセットしたり、色々とソファを拡張させていくことが可能なのです。


選ぶメリットが多い「LD SOFA」。
拡張性の高い事例を最後に納品写真でご紹介いたします。

コーナー仕様の「LD SOFA」。

オットマンサイズを別注。

ダイニング用ソファとして使用。

カウチ単体での使用。

W3500別注サイズとして使用。

W2600別注サイズとして使用。「映画:マンハント」撮影用。


⇒【LD SOFA】の詳しい紹介はこちら

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報
カタログ請求はこちらから

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 11:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-18:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more