スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

匠ソファの商品開発の考え方【ファブリック編】

匠ソファの商品開発において、ソファの開発と同様に重要なのが、
「ファブリック」の存在です。

ソファの見た目は、「デザイン」+「表面材」で決まります。
表面材のカラーや素材感が見た目の印象を大きく左右しますし、
また、表面材はお部屋では、カーテンやラグ同様に、テキスタイルの一部にもなります。

また、表面材の肌触りや素材感は、座り心地にも大きく影響を及ぼします。
ソファで大切なのは、「いかに心地良いか?」です。
ソファの心地良さは、最終的には「表面材」といっても過言ではありません。

匠ソファの商品開発の考え方【ファブリック編】

ファブリック中心のソファブランド

匠ソファは、ファブリックでも、本革でもビニールレザーでもお造り出来ます。
また、「フルカバーリング仕様」なので、本革ソファを購入した数年後に、カバーだけファブリックにすることも可能です。

匠ソファのコンセプトは「感動する座り心地」。
フェザークッションを主体とした、心地良く包み込まれる座り心地が特徴です。
このコンセプトと活かすには、やはり「ファブリック」が適しています。

また、もう一つのコンセプトが、「ラグジュアリー&リラックス」。
ラグジュアリーな国産ソファであるために、素材感や品質、発色を重視します。
そして、「心地良い、リラックス」を実現するために、肌触りの良さを特に重視しております。

イタリアを中心とした海外直輸入ファブリック

匠ソファのファブリックは、イタリア・コモ湖近郊のファブリックメーカーより、直輸入しております。
数社と取引しているのですが、全て「直輸入」なのです。

一般的には国内の商社やファブリックメーカーを通じて、海外製ファブリックを輸入しますが、
匠ソファは直接輸入しているため、かなりリーズナブルに「高級ファブリック」を仕入れることを可能としております。
これは全て「商品価格」に反映されます。
ソファはファブリックが占める割合が多いので、ファブリックの仕入れ価格が「商品価格」に与える影響は大きいのです。


では、なぜ「国産ソファ」なのに、国産ファブリックではないのか?

国内ファブリックメーカーのラインナップも、実はアジアを中心とした海外製が多く、
また、ファブリックの品質に対して、価格は割高な印象です。
例えリーズナブルなファブリックがあったとしても、匠ソファの品質に耐えうるものではありません。

色々なファブリックを比較しても、アパレルの本場であるイタリアのファブリックの素材感、デザイン、発色は圧倒的に良く、
匠ソファのコンセプトにピッタリと合うのです。

上質でしっとりとした心地良さ

ソファの見栄え、座り心地に大きく影響する「ファブリック」。
匠ソファが厳選する「イタリア直輸入ファブリック」は、とにかく「上質」で「しっとりとした心地良さ」が特徴です。

一般的にソファに使用するファブリックは、「椅子生地用」を使用します。
耐久性を重視しているため、化繊を多用し、硬めの肌触りです。

一方、匠ソファが仕入れているイタリアメーカーは、椅子生地と同様に、アパレル生地(イタリアの有名ブランド用など)も製造しています。
「生地のデザイン」や「素材感」を重視するため、肌触りの良い上質なファブリックが多いのです。

よって、匠ソファ一番人気の「AGIO CIN」は、丈夫さよりも、素材感や肌触り重視です。
おそらく、一般的なソファメーカーでは使用出来ないでしょう。(リスクが高いため)
それほで繊細な生地ではありますが、輸入後に国内でもう一手間加え(強度を増す加工)、匠ソファ用として使用しております。

他のどこにもない「発色」と「肌触り」で、匠ソファオーナー様に最も愛されるファブリックになっているのです。

 


ご覧頂いたように、匠ソファの「ファブリック」は商品の一部です。
匠ソファでは「商品開発」において、「ファブリック」へのこだわりは決して欠かすことが出来ないのです。

是非、匠ソファの「ファブリック」にもご注目下さい!

⇒【匠ソファの海外直輸入ファブリック】はこちら

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報
来店予約
カタログ請求はこちらから

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 11:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-18:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more