スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

匠ソファの【品質改善】への取り組み

ソファや家具における「品質改善」は永遠のテーマです。
商品の性質上、色々な段階で「品質不良」「破損」などが起こります。

これまでソファや家具の仕入れ(製造メーカーより仕入れ)や、商品開発を行ってきてわかったのは、
「品質改善への意欲が高ければ高いほど、確実に品質は向上していく」ということです。

品質が向上すると、
「これまで起こったような、品質不良や破損が圧倒的に減ります」

「匠ソファ」或いは匠ソファの運営元「KANEKA」では、
これまで常に「品質改善」を取り組んできたことで、「品質不良」や「破損」は圧倒的に少なくなっております。

それでも「完全」ではありません。何らしかの「品質不良」は発生します。
しかし、都度対応し、原因を追求し、次に起こらないように対策をすることで、
不良の発生を減らしていくことが可能になります。

いつ「品質不良」や「破損」が発生するのか??

ソファや家具の、「品質不良」や「破損」が発生するのはどのタイミングなのか??

1.製造~出荷段階
2.製造メーカーから配送センター(倉庫)への運搬時
3.配送センター(倉庫)での保管時
4.配送センター(倉庫)からお客様宅への配送時又は設置組立時
5.使用後

おおまかに、この5段階に分かれます。

この中で最も多いのは、どの段階かわかるでしょうか??
ほとんどが、「4」と「5」なのです。

ただここで重要なのは、
「品質不良」や「破損」の発生が【発見】されるタイミングが「4」「5」なわけで、
【原因】ではないのです。

要は、
「1」~「3」までの間は、梱包された状態なので、
商品の不良や破損が発生しているのか、発生する原因があるのか、全くわかりません。
※「梱包段階」にも品質チェックを行います

商品を開梱して、設置する段階になって、
或いは使い始めて、【発見】されることが多いのです。

【品質改善】で大切なこと

「4」「5」の段階でわかった時に、

「1.製造~出荷段階では問題なかった」という、製造メーカー、或いはメーカー(外部製造)は、
これまでの経験上、「品質向上」しません。

逆に、「商品の製造の問題」と考え、
品質改善、梱包改善、運送改善など、徹底的に対応する製造メーカーは、
どんどん品質が良くなります。

匠ソファ及びKANEKAでは、これまでたくさんの製造メーカーと取引してきて、
製造メーカーの姿勢の違いをたくさん見てきました。

そして、匠ソファでは、「品質向上への意欲の高い製造メーカー、或いは工房」とのみ、
商品開発を行っております。

匠ソファで起こる日々の「品質の問題」を解決し、対策していくには、
一緒になって「品質向上」に取り組んで頂ける製造メーカー、工房でないといけないと思っております。


こちらのブログもご参考に

⇒【高品質とアフターサービスが実現する「一生モノのソファ」】

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報 大阪梅田ハービスENT店 店舗情報 京都本店 店舗情報

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 10:30-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ大阪梅田ハービスENT店

Tel 06-6343-1630
Open 11:00-20:00
定休日:なし(ハービスENTに準ずる)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more