スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

国内最高レベルの【匠ソファの高密度ウレタン】

匠ソファの「RIAN」「RELAX」で使用している、クッションのウレタンの品質は「国内最高レベル」です。

特にラグジュアリーシリーズ「RIAN-利庵」の各ソファに使用している「ウレタンの品質と構造」は、 他に類を見ないほどの高品質と自負しております。

今回は、国内最高レベルと自負している「匠ソファの高密度ウレタン」についてご説明いたします。

国内最高レベルの【匠ソファの高密度ウレタン】

「RIAN」の品質基準

匠ソファはブランド創設以来、クッションの要である「ウレタンの品質と構造」にこだわってきました。 匠ソファの最初のシリーズ「シリーズA」は、1㎥50kgを中心とした高密度ウレタンの2層構造が基本でした。

2016年に発売した、ラグジュアリーシリーズ「RIAN-利庵」では、 国内最高レベルの「1㎥75kgの超高密度ソフトウレタン」をベースに、3層構造以上を標準基準としております。

ウレタンの密度だけでなく、ウレタンを独自の形状に加工する技術を用いることで、 座り心地が格段と良くなったのです。

ウレタン二次元加工

「ウレタン二次元加工」。 あまり聞きなれない言葉ですが、ウレタンを独自の形状に加工できる特殊加工技術です。

「RIAN」を製造する工房は、ウレタン加工の技術に優れているため、この特殊技術を用いたクッションを造ることができるのです。

わかりやすいのが、写真の「LA SOFA」。 座面の丸い膨らみは、クッション内部の分厚いウレタンをアール加工して、形状を出しております。

一般的にこういった丸みはフェザーの膨らみで表現します。 フェザーだと、座ると沈んでしまい、クッション中央だけが沈んだ状態になります。

しかし、「LA SOFA」は耐久性のあるウレタン自体をアール加工しておりますので、中央だけ沈んでしまうことがありません。 長期に渡り、その形状と座り心地の良さを維持できるのです。

圧巻なのは「LAカウチソファ」のカウチ部分。 この滑らかなアール加工のクッションが、足を伸ばして座った時の足裏に、心地良く馴染んでくれるのです。

「ウレタン二次元加工」の技術を存分に用いた「LAカウチソファ」は、 最大130cm幅の広い座面、そして、全ての座面クッションが特殊な「二次元加工」で丁寧に作られているのです。


ただ「高密度ウレタン」を使用しただけでは、座り心地の良いソファは作れません。

「高密度ウレタン」をどのように加工し、どのように構成するか、 また、ベースにはどういった素材を使用するかなど、あらゆる要素が組み合わさって、座り心地の良いソファが出来るのです。

匠ソファ「RIAN」で使用している「国内最高レベルの高密度ウレタン」は、 匠ソファショップでのみお客様に公開しております。 是非、ご覧になってみて下さい。

こちらのブログもご覧下さいませ。

⇒【ソファのウレタンの重要性について】

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報
来店予約
カタログ請求はこちらから

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 11:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-18:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more