スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

使い勝手が良い【ワンシートソファ】の魅力!

ソファの座面クッションは、一般的には「2シート」に分かれていることが多いのですが、
ソファの座り心地や使い勝手を突き詰めると、「ワンシート」にたどり着きます。



多くのソファは、このように座面クッションが2つに分かれています。
座面クッションが2つに分かれているソファが多いので、特に違和感なく受け入れることが出来るでしょう。

ソファの表記上「2P」「3P」、或いは「2人掛け」「3人掛け」であっても、
シートのクッションは2つに分かれていることが多いのです。

ソファに座るイメージとしては、「2人でゆったりと腰かける」感じでしょうか。

でも、実際ソファは1人で使うこともあれば、家族3人、4人で座ることもあります。
ソファの上に上がり込むこともあれば、ソファの上で寝ころぶこともあります。

その際、「ソファのシートが分かれていること」、「ソファのシート間の隙間」が気になることはありませんか??

良く、「ソファのシートの間に埃やゴミが溜まる」という声はあります。
掃除や清潔感という観点からはとても気になりますね。

でも、「ソファでくつろぐ」という観点で選ばれる方は、「ソファでリラックスするには、シートが分かれていない方が良い」と考えられていることが多いのです。

使い勝手が良い【ワンシートソファ】の魅力!

「国産ソファブランド/匠ソファ」のモデルも、ほとんどがシートが分かれている「2シートタイプ」のデザインです。

ただ、「ワンシートソファ」が2モデルあり、非常に人気あります。
また最近では、「ワンシート」の座り心地や使い勝手の良さから、「2シート」を「ワンシート」にカスタマイズするオーダーも増えています。

匠ソファの【ワンシートソファ】

匠ソファで安定した人気の「瞬間リゾート/LD SOFA」。このソファから「ワンシート」の魅力が広がったと言っても過言ではありません。
写真は幅205cmのワンアーム。ワンシートでシート幅も広いので、座る場所や人数に制限を感じません。
例え1人で座っても、テーブル側に座ったり、中央に座ったり、或いはクッションを外して「カウチソファ」のように使ったり、
「ワンシート」の座面を自由自在に使うことが出来ます。

「ソファの上でくつろぐソファ/RX-F SOFA」の「ワンシートソファ」です。
座面クッションの奥行きが75cmとかなり深く、ソファの上で自由なスタイルでくつろげるソファ。

実際にソファに座ると、ソファの上で上がり込んだり、寝ころんだり、常にリラックス出来る姿勢を探します。
そういった時に、RX-Fのように「座面が広い、ワンシートソファ」は威力を発揮します。

また、ウレタン仕様の座面なので「型崩れ」も少ないので、ストレスなくくつろぐことが出来ます。

「カウチソファ」は【ワンシート】

匠ソファで約40%の方が選ばれる人気の「カウチソファ」。
いわゆる「カウチ部分(ワンアームカウチ)」は基本的に「ワンシート」です。
広々とした「ワンシート」に足を伸ばしてゆったりとくつろぐ、これが「カウチソファ」の魅力です。

この「カウチソファ」の広さや使い勝手の良さから、「ワンシート」に魅力を感じる方も多いことでしょう。

最近では、ソファ部分の「2シート」をカウチと同じ「ワンシート」にカスタマイズするケースも増えています。(写真はLAカウチソファ)
デザイン的にも「ワンシート」はとてもスッキリ見えます。

こちらは「LBカウチソファ」の「ワンシート」別注。デザインバランスが良く、スッキリとした印象。

元々「ワンシート」デザインの「LDカウチソファ」は、ウレタン座面でシートの繋がりが感じられ、さらに洗練された印象になります。

【ワンシート】へのカスタマイズが人気!

カウチソファだけでなく、最近は2Pソファや3Pソファでも、座面の「ワンシート」別注が増えています。

座る場所を選ばず、シートの隙間のストレスがなく、また見た目もスッキリ。
ソファの座り心地や使い勝手の良さを突き詰めると、座面の「ワンシート」はとても理にかなっていると言えそうです。

 


【ワンシートソファ】の、
⇒【LD SOFA】はこちら
⇒【RX-F SOFA】はこちら

⇒【納品事例】はこちら

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報
来店予約
カタログ請求はこちらから

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 11:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-18:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more