スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

ソファの【レイアウト】と【サイズ】について

ソファのレイアウトとサイズ選び

ソファ選びを始めるとまず「どの程度の大きさのソファが置けるのか?」で悩みますよね。

さらにはどういう置き方が良いか(失敗しないか)、レイアウトについて迷われると思います。

匠ソファは専門のソファコンシェルジュが常駐するソファ専門店です。

豊富な知識と経験から、オススメのレイアウトやソファサイズをご提案致します。

「家がそんなに広くないから幅150cmぐらいで探してます。」

そう仰られるお客様の中には、実は全く問題なくもっと大きなソファが置ける場合もあります。

これは、ソファのレイアウトの考え方での”思い込み”が原因だったりします。
ここで、一例を挙げて解説していきます。

ソファレイアウトの考え方一例

ダイニングとリビングが繋がったお部屋。

ちょうど部屋の真ん中辺りにソファを置きたい。

ソファの前にはテレビ。

ソファの後ろにはダイニングセット。

こういったレイアウトは最近多くなってきています。

リビングとダイニングの間仕切りのように中央にソファを置くため、ソファの後ろ姿を意識してソファ選びされる方も増えてきました。

そしてこのようなケースでは、【ソファの幅】が問題になってきます。

▼ソファの両横を通れるように



最初はこのような置き方を考えられるのではないでしょうか。

ソファの両横を動線として使えるようにすることで、ダイニングとリビングの行き来がスムーズになりそうです。

ただし、ソファの幅はその分どうしても狭くなってしまいます。

▼ソファの片側だけ通れるように



これだとどうでしょうか?

ソファの片側のみを動線として確保したことで、ソファの幅がグンと広がりました。

これだけ広くなると、座るだけでなく横になってくつろぐのにも良さそうです。

動線はひとつになりましたが行き来は可能ですし、その分ソファが広くなったメリットは非常に大きいです。

実際に暮らす姿をイメージして

ソファを置いた部屋で実際に暮らす姿をイメージしてみてください。

ソファ両横を自由に行き来出来るメリット、片側の通路は潰れる代わりにソファを広く出来るメリット。

「大は小を兼ねる」と言う言葉もあるように、匠ソファでは後者の【ソファ幅を広く確保】する方が多いです。



ソファは座るだけでなく寝転んでくつろぐこともあります。

せっかくリラックスするために購入するソファです。

片側でも両側でも、必要な動線をきちんと確保した上で置ける最大サイズのソファをご検討頂くことをオススメします。

ソファ選びの参考に

⇒【失敗しないソファの選び方】

⇒【ソファコンシェルジュが教える 失敗しないソファの選び方】

⇒【へたらないソファの選び方】

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報 大阪梅田ハービスENT店 店舗情報 京都本店 店舗情報

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 10:30-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ大阪梅田ハービスENT店

Tel 06-6343-1630
Open 11:00-20:00
定休日:なし(ハービスENTに準ずる)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more