スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

ソファのへたりについて

ソファの買い替え理由の多くが、「ソファのへたり」です。

・クッション自体のへたり
・ファブリックや革など、表面材のへたり
など、ソファは使用頻度が高いので、へたりも早い家具です。

ソファを購入する時には、当然先のことまでわからないので、
「ソファのへたり」自体をあまり考えず、購入することが多いと思います。

そこで今回は、ソファ購入時に「ソファのへたり」まで考えた「ソファ選び」についてご説明いたします。

ソファのへたりについて

ソファはどのぐらいでへたるもの??

一般的な回答としては、「約6~7年からへたりが見られる」が多いのではないでしょうか。
これは「へたりが見られる=買い替え」ではなく、
「そろそろ何らしかのメンテナンスが必要」な時期という意味です。

例えば、ソファ専門店「匠ソファ」でソファを買い替えられるお客様は、
10年ぐらいソファ(匠ソファ以外のソファ)を使用され、買い替えされる方が多いです。

買い替えで引取りしたソファを見ると、相当な劣化が見られることが多いので、
おそらく数年前からへたりや劣化が見られ、そのまま数年使用して、ようやく買い替えたという印象です。

表面材を変えればまだ使える?

引取りしたソファの中には、「表面材だけ替えれば、まだ使えるのでは?」
というソファもあります。

ただ、ほとんどが本革を中心とした「張り込み式のソファ」なので、
張り替え価格が高額なため、「張り替えを選択されない」というケースが多いようです。

へたるのは「ほとんどがクッション」

ソファのへたりで、「ソファのボディが壊れた」ということはあまりありません。

ほとんどの場合は、「表面材のへたり」か「クッションのへたり」です。
特に多いのが、「クッションのへたり」です。

「クッションのへたり」だけに焦点を当てると、冒頭の約6~8年よりも短いかもしれません。
どんなブランドのソファでも、どんな高額なソファでも、「クッションの耐久性」が良くなければ、
早期にクッションがへたってしまいます。

どういったソファを選ぶべきか?

1.耐久性の良いクッションを使用している

ソファのボディはあまり破損することはないので、「クッションの耐久性」の確認が必要です。
高密度ウレタンを使用していたり、クッションの素材にこだわっていると、早期にへたる可能性は低いと言えます。

一番良いのは、クッション内の素材を確認した上で、
「クッションの耐久性はどのぐらいですか?」と販売スタッフの方に聞くのが良いと思います。
明確に、説得力を持って回答してもらえると、安心してソファが選べますね。

2.フルカバーリング仕様である

これからの時代、ソファの「フルカバーリング仕様」は必須です。
表面材は劣化しやすいにも関わらず、張り替えが高額となれば、張り替えたくても張り替えられません。

フルカバーリング仕様だと、カバーを着せ替えながら使っていけるので、
比較的長い期間使用することができます。

3.アフターサービスに力を入れている

こちらは、意外と見落としがちなポイントです。
例えば、「1」のクッションがへたったとしても、クッションのみ買い替えることができたら、
長く使っていくことができます。

フルカバーリング仕様なら、「替えカバーの購入」というアフターもありますし、
「ソファ使用時の些細な困りごと」も気楽に質問できれば、ソファを安心して使っていくことができます。

ソファ選びの際に、「アフターサービス」についてもしっかりと確認することをオススメします。


人気ブログをご紹介!【ソファ選びのコツ】

匠ソファがオススメする、「ソファ選びのコツ」の記事をまとめてみました。
ソファ選びの参考にしてみて下さい。

⇒【失敗しないソファの選び方】


⇒【ソファコンシェルジュが教える 失敗しないソファの選び方】

⇒【へたらないソファの選び方】

 

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 10:30-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more