スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

ソファの「後ろ姿」にご注目!

ソファを選ぶ際、正面から見て選ぶことが多いと思いますが、
実際家にソファをレイアウトする際、ソファの「後ろ姿」が見えることが多いものです。

ソファの「後ろ姿」は重要です。
「後ろ姿」のきれいなデザインは、360度見た目を考えてデザインされていますし、
実は「後ろ姿」でソファの「品質」がわかるものなのです。

ソファを選ぶ際、「後ろ姿」にも注目してみて下さい!

ソファの「後ろ姿」にご注目!

「国産ソファブランド/匠ソファ」は、デザイン、品質にこだわったソファブランドです。
匠ソファの「後ろ姿」を参考に、デザインや品質を見極めるポイントをお伝えしましょう。

「オールカバーリングソファ」は「後ろ姿」で品質がわかる

こちらは「LA SOFA」の後ろ姿です。
全てカバーに包まれた「オールカバーリングソファ」は、普段はあまり後ろ姿に注目することはないでしょう。
でも、「品質の良いソファ」は背面に仕上げに手を抜くことがありません。

フラットなデザインの背フレームを、ウレタンや綿でふっくらと仕上げる。
海外トップブランドのソファは必ずそのようになっています。丸みをつけることでボリュームと上質さが表情として出来上がります。

「LA SOFA」は大きなリビングの間仕切りとしてレイアウトすることも多いので、
背フレーム、「後ろ姿」の仕上げも一切の妥協をしておりません。


「LB SOFA」もアームや背フレームの上部から外側にかけて、柔らかな丸みをつけています。
実際に触れてもボディの木枠には一切触れず、上質なウレタンの柔らかさを感じることが出来ます。

ふっくらと丸みを持たせる加工は、非常に手間のかかる作業です。
柔らかな丸みが出るように、ウレタンを何層か積層し、最後に綿できれいな丸みを出していきます。
この丁寧が作業が、最終的に上質な雰囲気を生み出すのです。


「PFハイバックソファ」は、ハイバックソファながら圧迫感のないデザインが特徴です。
背フレームは薄くスッキリと仕上げ、背上部やアーム、側面を丸く仕上げています。
背面から見た時に、圧迫感のなさと、上質な丸みを感じる「後ろ姿」を目指しているのです。

「PJ SOFA」の後ろ姿。ボディを低く仕上げて、アルミ鋳物脚のデザインを強調。
そして、背クッションの形状やボルスタークッションのデザインで、スタイリッシュな「後ろ姿」を表現しています。

丸みのあるボディが特徴の「RX-F SOFA」。ボディ全体をウレタンと綿で柔らかな丸みを作っています。
見た目に上質で、触れると柔らかなクッション性を感じる。ボディに丸みを持たせる作業は、匠ソファの真骨頂なのです。

モダンな無垢ソファの「後ろ姿」

無垢ソファは一般的に、無垢材を強調した無骨なデザインが多いものです。
よって、「後ろ姿」も無垢材のデザインが目立つことが多いでしょう。

匠ソファの無垢ソファは、シャープでモダンなデザインを目指しています。

無垢ソファで断トツ人気の「LD SOFA」。直線的でシャープなデザインで、無垢材よりもクッションの柔らかさを感じる「後ろ姿」です。
サイズの大きなカウチソファでも圧迫感を感じず、お部屋の間仕切りとしてレイアウトしても、スッキリとした印象になります。

「LD SOFA」オーナー様からの感想を見ても、スッキリとした「後ろ姿」を挙げて頂く方が多いです。

圧迫感の出やすい無垢ソファだからこそ、「後ろ姿」のデザインが重要と言えます。


こちらは「LE SOFA」の「後ろ姿」。丸みのある無垢フレームをシャープな三方留めで仕上げています。
モダンでシャープな雰囲気、そしてクッションのボリュームと柔らかさを感じることが出来ます。
フレームのシャープさと、クッションのボリュームのコントラストが、「LE SOFA」の特徴でもあります。


最後のご紹介するのは、無垢材に籐をあしらった「RX-B SOFA」です。
籐の透け感が美しく、圧迫感のない涼やかな雰囲気。リゾートタイプのソファです。


スッキリとしたデザインなので、「後ろ姿」が見えるレイアウトにはオススメのソファです。



普段注目することのない、ソファの「後ろ姿」。
匠ソファはソファの「後ろ姿」こそ、デザイン、品質に差が出ると感じております。

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報
カタログ請求はこちらから

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 11:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-18:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more