スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

ソファのシートハイ(SH)に惑わされない!

ソファを選ぶ時に数字に惑わされていませんか?

「WAZAスタイル/PM SOFA 2P」の寸法を見てみると【W1800 D920 H750 SH390】と表記されています。

これらの意味は下記の通りとなります。


・W(幅)
・D(奥行き)
・H(高さ)
・SH(座面の高さ)

【!】これらはすべて外形寸法です

幅や奥行については、リビングの広さに対してどれぐらいの大きさのソファが置けるのかを見る際、そして搬入経路の確認の際に必要です。

高さについてはお部屋の中央に置く際にダイニングからテレビが見やすいか、圧迫感は無いかを見る際に必要です。

SH(座面の高さ)は?

これは座り心地の判断材料になるのですが、ただし他の寸法と違って極端に差がない場合はそこまで気にする必要のない寸法になります。

幅や奥行、高さについてはそのサイズが絶対的な数値となるのですが、座面の高さについては座った瞬間に変化するからです。

座る方の体型にもよりますし、座り方によっても少し変わります。
奥行きが変わるだけでも感じ方は違います。
また、クッションの硬さによっては全く違うものになるのです。
もしも靴を履いて座り心地を試しているなら脱ぐべきです。



例えば、「以前別のお店で試したソファのSH400が丁度良かった」ということで、その寸法にこだわってソファ選びをされている方がいたとします。
でもそのSHのものを見つけたとしても、それは以前試したソファとはクッションの詰め物や奥行、背クッションの構造など、要は全く別のソファなので比較しても全く意味がないのです。



座り心地にこだわるのなら【表記されている寸法】に捕らわれるのではなく、やはり最低でも20分以上は座って頂くということが一番だと思います。
もちろんご自宅でくつろぐイメージで靴を脱いで脚を組んだり寝転んでみたり足を上げてみたり・・・。

SHはそのソファがこれまで見て来たソファよりも極端に高めなのか低めなのか、もし2~3cmの差ならそこまで気にしなくてもいいです。

それよりもまずはじっくりと座って、ご自身が長時間くつろげるかどうかを判断することをオススメします。



⇒匠ソファブランドサイトはこちら

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報
カタログ請求はこちらから

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 10:30-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more