スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

ソファの【へたり】と【型崩れ】について

ソファが劣化する表現として、「へたり」と「型崩れ」があります。
良く聞く表現としては、
「ソファがへたってしまった」「クッションがへたって戻らない」というワード。

ただ、ソファに関しては「へたり」と「型崩れ」では意味合いが変わってきます。
「へたり」はソファの構造や、クッションなどの素材が完全に劣化してしまっている状態。
「型崩れ」も本来は元の形状から崩れた状態を意味しますが、ソファに関しては「へたり」という強いワードがあるため、「型崩れ」は「メンテナンス次第で元に戻る」という意味合いで捉えることが多くあります。
要は、一時的に形状が崩れてしまっている状態です。

このソファの「へたり」と「型崩れ」は全く別の状態になりますので、
ソファを選ぶ際、或いはソファを使っている方には是非知っておいていただきたい内容です。

ソファの【へたり】と【型崩れ】について

ソファは「型崩れ」するという現実

家具やソファは頻繁に購入するものではありません。
毎日毎日使用して、使用頻度が高いにも関わらず、比較的「高耐久商品」で「大型商品」なので、
少し劣化した程度では買い替えることはありません。
また、国内でのソファの歴史はそれほど長くないこともあり、ソファへの正しい認識があまり広がっておりません。

以前は応接セットなど、革製でしっかりとしたソファが多かったり、
ホテルや公共施設などのソファも、しっかりとした硬めのソファが多いので、一般的にはそういったソファをイメージすることが多いかもしれません。

ただ、最近は座り心地を重視した「フェザーを含んだ柔らかなクッションのソファ」や、
家でカバーを取り替えできるような「カバーリングソファ」など、ソファの仕様も変わってきました。

柔らかなクッションは当然ながら、座るとクッションの形状は崩れますし、
カバーリングソファは、カバーがズレたり、ヨレたりします。

ソファというのは、ほとんどの場合が「型崩れ」するというのが現実なのです。

ソファの「型崩れ」はメンテナンス、お手入れすれば元に戻ります

ソファは同じ椅子でも、「体をリラックスさせて座るための椅子」になりますので、
クッション素材にはウレタンや、フェザー、綿など、「心地良い素材」を多く使います。
よって、硬いソファは「型崩れ」が少なくても、柔らかなソファやクッション性に優れたソファは、座ると「型崩れ」が起こります。

ベッドや布団もメイキングした後はキレイでも、翌朝には乱れています。
当然ながら、ベッドメイキングを行いキレイに整えることでしょう。
ソファも同じことです。
「ベッドメイキングは毎日行うのは当然だけど、ソファを毎日メンテナンスするのは面倒」
というのは本来おかしな話で、それは「ソファは型崩れしないもの」という先入観があるからに他なりません。

ベッドも、マットレス単体だと「型崩れ」は起こりません。
でも、ベッドはマットレスだけで寝るものではなく、枕、枕カバー、シーツ、ベッドパッド、布団、布団カバーなど揃えて眠ります。
ソファも、ボディは「型崩れ」は起こりません。クッション、カバーなど揃えて、ソファとして使用します。

ソファは、座ると大なり小なり「型崩れ」が起こります。
ただし、簡単なメンテナンスをすることで元に戻ります。
逆に、「型崩れ」を放っておくと、クッション自体の形状が変形して元に戻りづらくなったり、劣化を早めてしまうことになります。

ソファの「へたり」は元に戻らないほど劣化していること

ソファの「型崩れ」は、メンテナンスすれば元に戻るので、「へたり」ではありません。
ソファの「へたり」とは、ソファの構造体やクッションの素材が劣化していて、完全に消耗、或いは破損していて、
メンテナンスでは元に戻らない状態のことです。

リーズナブルなソファだと、2~3年でへたってしまうものもありますし、
ある程度の高額なソファでも、10年以内でへたることは多々あります。

ソファはいずれ劣化(へたる)ものですが、これはソファだけに限らず、どんな商品も同じです。
特にソファは毎日毎日、家族全員で負荷をかけるので、劣化や消耗は早い部類に入ります。

このソファの「型崩れ」か「へたり」かを知ることは、ソファ選び、或いはソファを長く使っていくのに、とても大切な「ソファの常識」なのです。

「へたり」と「型崩れ」を勘違いしてしまう
「フェザークッションソファ」

座り心地を追求した「フェザークッションソファ」

ソファの「型崩れ」が気になる方は、しっかりと硬めのソファを選ぶべきです。
特に、クッション性を柔らかくする「フェザークッションソファ」は選ばない方が良いです。

イタリアのトップブランドのソファの多くは、座り心地の良さを追求した「フェザークッションソファ」が中心です。国内でも高級ソファになると、フェザーを含んだソファが多くなります。

「フェザークッションソファ」はフワっと体を包み込む心地良さがある反面、
クッションの「型崩れ」が起こりやすい特徴があります。よって、クッションメンテナンスが必須です。

この「型崩れ」は「へたり」と勘違いされやすいのですが、
メンテナンスすることで元に戻るため、クッションが劣化してしまう「へたり」ではないのです。

「フェザークッションソファ」は特にメンテナンスが必須

どんなソファでも「型崩れ」は起こりますので、メンテナンスは必要です。
その中でも、柔らかな座り心地の「フェザークッションソファ」は日々のメンテナンスが必須です。

ただ、この常識が浸透していないため、国内のソファ製造メーカーのソファが「どんどん硬めの座り心地になっている」印象を感じます。
あるソファ製造メーカーの方は、「フェザークッションソファがへたった」というクレームが多いと話されていました。要は、ソファを仕入れて販売する販売側が、「フェザークッションの特徴」と「メンテナンスの必要性」を話さず販売するため、お客様がクッションの「型崩れ」を「へたり」を勘違いしてしまうとのことでした。

これは国内市場では日常茶飯事で起こっている現実です。

よって、ソファ製造メーカーは、柔らかなクッション性の「フェザークッションソファ」の製造を避け、出来る限り「型崩れ」の起こりにくいソファを製造するようになるのです。

国内では「しっかりと硬めで、型崩れが少ないソファ」が好まれる傾向が強いので、将来的には柔らかな「フェザークッションソファ」は少なくなっているかもしれません。


匠ソファは「フェザークッションソファ」が中心です

このようなソファ市場の中、「国産ソファブランド/匠ソファ」は「フェザークッションソファ」を中心としたソファブランドになります。

コンセプトは「感動する座り心地」

匠ソファショップにご来店されたお客様の多くは、匠ソファに座った時に、
「他と座り心地が全然違う!」と話されます。
他とは、他のショップやメーカー、ブランドのソファのことです。

これはおそらく、市場で「柔らかなフェザークッションソファ」が減少している中、
匠ソファが座り心地の良さを追求した「フェザークッションソファ」中心のブランドだからでしょう。

匠ソファのコンセプトは「感動する座り心地」。
このコンセプトを実現するために、「柔らかなフェザークッションソファ」は不可欠なのです。

復元力のあるフェザークッションを使用!
ただ、メンテナンスは必須です

匠ソファで使用するフェザーは、100%フェザーではなく、ウレタン素材を含んだ、復元力のある「特殊配合フェザー」です。
フェザー独特の沈み込みを感じながらも、弾力性と復元力に富んだフェザーです。
よって、座った後の「型崩れ」も、クッションを叩いたり、空気を入れたりすることで、簡単に復元します。

例え、復元力のあるフェザークッションでも、メンテナンスは必須です。
ただ、メンテナンス頻度を減らしたい方向けに、ご注文時にフェザー量を増量したりなど、カスタマイズに対応しております。





以上、ソファの「へたり」と「型崩れ」の違い、
そして、ソファの「型崩れ」にはメンテナンスが必須という内容でした。

こちらを参考にして、「型崩れが少ないソファ」を選んだり、
或いは、「型崩れ」よりも座り心地を重視した「フェザークッションソファ」を選んだりと、
ソファ選びに活かしてみて下さい。

また、現在「フェザークッションソファ」を使っている方は、日々の簡単なメンテナンスを意識してみて下さい。

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報
来店予約
カタログ請求はこちらから

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 11:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-18:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more