スタッフブログ|高級国産ソファ専門店「匠ソファ」

MENU

間取りが広くはないけれど ゆったりとしたソファが置きたい方へ

ソファをお探しの方で、
「間取りが広くないので、大きなソファは置けない」
と話される方は、かなり多くいらっしゃいます。

「本当はゆったりとくつろげるソファが置きたい、でも、実際置くと部屋が狭くなる・・・」
と、勝手な先入観で、妥協して小さなソファを選ぼうとしてませんか??

そういった方は、匠ソファのソファコンシェルジュにご相談下さい。

「ラグジュアリー&リラックス」をテーマとしている匠ソファは、
比較的奥行きが深く、座面の広いソファを多く取り揃えております。

しかし、匠ソファショップは東京、京都にあり、半数の方がマンション住まい。
或いは戸建てでも、リビングが2階にあり、それほど広くない。
実際はそういったオーナー様が多いのです。

間取りが広くはないけれど ゆったりとしたソファが置きたい方へ

実際の匠ソファオーナー様の納品事例を元にご紹介していきましょう。

奥行きの差は「くつろぎの差」

都会のマンションでは、リビングの幅がそれほど広くなく、
リビング幅は約250cmぐらい、というお部屋も多くあります。

写真の「LB SOFA」の奥行きは95cmです。
一般的なソファは、80cm~85cmが多いので、比較的ゆったりとした大型ソファです。

しかし、この10~15cmの差を、「くつろぎの差」を考えればどうでしょう。

ソファの上で過ごす時間が長く、広い座面でゆったりとくつろげるなら、
多少お部屋が狭く感じても、リビングのくつろぎの質は高まることでしょう。

ソファの前のテーブルは要らない

「ソファの前にはテーブルが必要」という固定概念はもう古いお話です。
かつての応接セットの名残りがあるのかもしれません。

匠ソファでは、ソファ前に「リビングテーブル」をセットすることはあまりありません。
その分スペースを取ってしまうだけでなく、実際にソファに座って使いづらいからです。

写真の「LA SOFA」は匠ソファでは最も奥行きが深い、奥行き110cmのソファです。
「ソファの上でくつろぐ」コンセプトのソファで、テーブルは差し込みタイプの「ソファテーブルA」をセットしております。

ソファ前にリビングテーブルを置かず、ソファにテーブルを差し込む発想なら、
間取りがそれほど広くなくても、ゆったりとしたソファを置くことが出来るのです。

カウチソファだって置くこと出来ます

「ゆったりとくつろぐソファ」と言えば、やはり人気の「カウチソファ」です。
足をゆったりと伸ばしてくつろぐことが出来、寝転んだり、ソファの上で上がり込んだり、
家族みんなでゆったりとくつろげる、憧れのソファです。

写真は幅3mの「LBカウチソファ」です。
TVまでのスペースも充分確保され、ソファ後ろのお部屋への導線もきちんと確保され、とても上手にレイアウトされています。


その他、匠ソファオーナー様の実例をご覧下さい。



ゆったりとしたソファが欲しいけれど、レイアウトに不安の方は、
是非、匠ソファのソファコンシェルジュにご相談下さいませ。

こちらのブログもご覧下さい。

⇒【スペースが狭いけど 座面が広いソファが欲しい方へ】

カタログ請求はこちら
東京青山店 店舗情報
京都本店 店舗情報
カタログ請求はこちらから

SHOP INFO

匠ソファ東京青山店

Tel 03-3470-1181
Open 10:30-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more

匠ソファ京都本店

Tel 075-922-0075
Open 10:00-19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

more